症例1   スキルス胃がん
内視鏡では明らかな異常は指摘できない。
内視鏡像
スキルス胃がんのX線像
正常の胃部X線像
正常像に比べ明らかに辺縁に硬さが見られ、
容易にスキルスと診断できる
正常像では辺縁のふくらみが良い。
X線像
このように胃全体の変形をきたすスキルス胃がんや、胃の外からの病変にはX線検査
の方が有効と言える。
症例2   十二指腸ガン

X線像
病変部分の拡大像
内視鏡は通常,十二指腸球部までしか見ない
病変
十二指腸球部
十二指腸球部
胃内視鏡は十二指腸球部までしか見ないことが普通なので、このように十二指腸下行部の
病変はX線検査のほうが有効と言える。
病変