胃がん

 胃がんは日本の全悪性新生物中の死亡率第一位から、近年肺がんに次いで第二位となりましたが、依然として増加してい

ます。  胃がんは55歳以上の人々によく発生し、男性は女性の2倍の頻度で生じます。世界中の科学者が胃がんの原因

とその予防法を研究し続けていますが、いまだはっきり説明することができません。したがって今のところ対策としては、早期

発見、早期治療が原則です。胃の病気は何もガンだけではなく、いろいろな病気が存在します。例えば急性胃炎、慢性胃炎、

びらん性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、リンパ腫などです。それらを検査するには胃X線検査と胃内視鏡検査が必要です。


胃内視鏡検査(経口)

 「胃カメラ」と言われているこの検査は正式には胃内視鏡検査と呼ばれています。昔は内視鏡の先端にカメラが取り付けられ

いて、シッターを押すことで胃の内部の写真を撮って診断していたもので、本当の意味での「胃カメラ」でした。しかしこの方法

では直接胃の内部を観察しながら撮影することが不可能で、盲目撮影と言う状態でした。その為、写真が出来上がるまで病変

がうまく撮れているか分かりませんでした。しかし現在の内視鏡は進歩し、先端にCCDカメラと言う小さなデジタルビデオカメラが

取り付けられており、胃の内部の像をリアルタイムでテレビモニターに映し出すことが可能になりました。このように医師が直接

目で見て観察できるため病変の発見率は飛躍的に向上しました。また、生検鉗子という組織を取る道具が付いており、病変の

組織をつまんで良性か悪性かも診断がつくようになっています。 さらにこの内視鏡を用いた治療も大きく進歩しています。

検査の方法は体を横に休んでもらった状態で内視鏡を飲んで頂きます。内視鏡自体も昔より飲みやすくなっており、また検査時

の苦痛をやわらげる為に鎮静剤を使用するので苦痛を感じることなく検査が行えます。



検査時間 : 約10分(検査後、鎮静剤のふらつきがとれるまでしばらく休んで  
        頂きます。)
 
 前処置 : 検査前日の午後9時から検査まで絶食。 

検査費用 : 約3,500円(3割負担の場合)
※ 病理検査を行った場合約4,000が加算されます。


※ 検査時の注射によりふらつきや目がかすんだりする事がある為、検査当日の
  車での来院は避けるようお願いします。




 早期胃がん



NBIを採用した内視鏡

経鼻内視鏡検査






胃X線検査


 胃がんがまだ早期ガンとして発見するのが困難だった時代の胃X線検査は、胃の中をバリウムで満たして写真を撮り、胃の中

に腫瘤ができていた場合、バリウムが腫瘤により押しのけられることを診断に用いていました。しかしこの方法では大きな病変

しか発見することはできません。胃がんを治すためにはもっと早期ガンのうちに発見することが重要でした。 そこで考えられた

のが胃二重造影法です。この方法は胃の表面にバリウムを付着させ、空気を入れて膨らませることによって小さな病変でもその

表面の構造を写し出せるようにしたもので、この技術により日本は数多くの早期ガンを発見し、胃がんの分野で世界をリードする

ようになりました。 この胃二重造影法は現在でも胃がん検診や胃がんの精密検査としてはなくてはならない存在となっています。

検査方法はいたって簡単で、バリウムを飲んだ後に顆粒状の炭酸を水といっしょに飲んで頂きます。あとはゲップを我慢して、透

視台の上で右を向いたり、左を向いたり、うつ伏せになったり、いろんな角度から胃の写真を撮っていきます。 バリウムはまずく

て飲みにくい物と思われがちですが、昔と違って今はだいぶ飲みやすくなっています。





検査時間 : 約10分程度
 
 前処置  : 検査前日の午後9時から検査まで絶食。

検査費用 : 約3,700円(3割負担の場合)



上記の早期胃がんのレントゲン像




レントゲンと内視鏡、どっちがいいですか?

 最近一般の方から「レントゲンと内視鏡とどっちがいいか。」と言う質問をよく受けるようになりました。これはレントゲンで異常が見

つかると内視鏡をしなくてはいけなくなる。だったら何も両方やらなくても最初から内視鏡をした方が手っ取り早いと考えるからで

しょう。しかしその質問に対する一番適切な答えは「両方一長一短があるから両方受けるのがいいでしょう」と答えるべきだろう。

胃レントゲン検査と内視鏡検査、これはいずれも日本で開発され、発展してきた技術で、今では世界一の実力を誇っている。また

病変の発見率も世界一で90%を超えている。そういう現状の中、レントゲンと内視鏡ではお互い得意とする領域があって、通常

最初にレントゲンを行い、ある場所に異常が発見されるとそこを内視鏡で検査するのですが、その時レントゲンでは分からなかった

小さな病変が見つかると、レントゲンより内視鏡の評価が上がる。これはすばらしい事なのですが、一般に内視鏡を後でやるから

こういう例ばかりが話題になる。 しかし内視鏡の後でレントゲンをやると意外にも大きいガンが初めて発見される場合があることは

あまり知られていない。 これは内視鏡を後でやるから内視鏡の見逃しチェックをする機会があまりないからです。内視鏡しかやら

ない人はチェックする機会がまったくない。 一般の方はこのような盲点に気づかず、内視鏡さえしていれば完璧だと思いこんでいる

方がおられるのです。レントゲンは胃の外側の病変も分かる事もある。また、スキルスという胃がんはレントゲンでは疑う余地のないほど明瞭に

写るが、内視鏡では「そうかもしれない」程度しか分からない時がある。例えるならレントゲンは山を見て木を見て枝や葉っぱを見る検査で、

内視鏡は主に葉っぱを見にいく検査である為、時としてその木が倒れかけていることや山自体が崩れかけていることに気が付かない場合が

あるのです。 とは言っても内視鏡はその葉っぱを持ち帰り、顕微鏡でガンがないかを調べる「生検」という検査ができる事は極めて有益な事

なのですが、大事なのはその長所ばかりに気をとられ、検診などを内視鏡だけでやろうとするのはむしろ危険だという事なのです。

バリウムがどうしても駄目な方は1年おきにレントゲンと内視鏡を交互にでも受ける事をおすすめします。



外から全体像を見た方が病変の大きさ、拡がり、
全体の形などががはっきりする。


レントゲンが有用であった症例


TOP