経鼻内視鏡検査

    上部消化管内視鏡検査は苦しいし、辛いというイメージがありますが、この経鼻内視鏡検査は検査時の苦痛を大きく軽減してくれます。

    なぜ、通常の内視鏡検査は苦痛なのか? それは検査中に内視鏡が舌根部に触れることで咽頭反射が起こり「オエッ」という吐き気を

    催すことがしばしばあるからです。 経鼻内視鏡は鼻腔を通って食道に入ることで、内視鏡が舌根部に触れることなく検査を進めること

    ができ、咽頭反射はほとんど無ありません。 鼻から挿入する経鼻内視鏡のもうひとつのメリットは検査中も会話ができるということです。

    「苦しくないですか、気分は悪くないですか」などの話しかけに答えることが可能となりました。 このような会話で被検者もリラックスして

    検査を受けて頂けるようになります。 

                 



    また経鼻内視鏡検査は鎮痛剤を使用しない為、検査後休んで頂くこともなく、帰宅して頂けます。

    ただ、検査後に鼻出血する場合がありますので、検査後は強く鼻をかまないで下さい。


     検査時間、前処置、費用などは、ほぼ通常の内視鏡検査と同じです。
 
                  



                 内視鏡専門医・消化器外科専門医