骨粗鬆症とは
 骨は、たんぱく質やカルシウムなどの成分によって作られています。  日常、骨は古くなった部分を壊していく骨吸収と

壊された部分を新たに作り直していく骨新生を繰り返して新陳代謝を行っています。

この新陳代謝のバランスが崩れて骨の密度が低下し、骨がもろくなり骨折しやすい状態になります。 これが骨粗鬆症

です。  骨粗鬆症は女性の方に多い病気ですが、これは更年期を迎え女性ホルモンが不足すると骨吸収が進み、骨

新生が間に合わなくなり、骨がどんどんもろくなっていくためです。  骨粗鬆症になり、骨折すると寝たきりの原因にな

るため、早期発見とその予防・治療が重要です。

検査方法はリラックスして椅子に腰をかけ、約1分間片手を入れるだけで痛みもなく骨密度が測定できます。



 前処置  : 特にありません

検査費用 : 約500円(3割負担の場合)
 

  

 
約1分間片手を入れるだけで測定できます