CTとは

 コンピューター断層法(CT)は1973年にイギリスで開発されたX線診断装置で、コンピュータを使って人体の横断画像を

撮影することができます。  当時、脳腫瘍などの診断が困難だった時代で、このCTの普及により診断・治療が飛躍的に

向上しました。   この方法は体の周りをX線ビームが一周し、一つの断層面を画像にします。 例えばその断層面が1cm

厚のスライスだとしたら30cmの長さの肺を全部撮影するには30回同じ事をしなければいけません。 また、一画像を撮る

間息を止めていただく必要があるため、30回息を止めなくてはいけません。 したがって検査時間は20分程度かかってし

まいます。  しかし、ヘリカルCTは人体をらせん状(ヘリカル)に撮影していくため、1回の息止めで30cmの範囲を撮影する

事ができ、撮影時間は20秒前後です。 

当院に導入されているCTはマルチスライスヘリカルCTなので1周回転で同時に4スライスの画像を撮影することが可能

なので、撮影時間はさらにその4分の1となります。


以前のCTとヘリカルCTの違い


            
以前の5スライスを撮影するのに呼吸停止を5回行うCTと20スライスを撮影するのに呼吸停止を1回のみのヘリカルCT





従来のCTとヘリカルCTの違い

 従来のCTはスキャンとスキャンの間に休止時間を設け、スライス位置を変えるためにテーブルを移動させていました。  

ヘリカルCTはテーブルが定速度で動いている間に連続撮影していく方法です。 したがって1回の呼吸停止で肺や上腹部

の撮影が終了します。 また、うまくむけたリンゴの皮をイメージしてもらえば分かりますが、得られる情報が切れ目のない

データであるため、病変の見逃しも少なく、そのデータを基に3次元画像が作れるのがもうひとつの大きな特徴です。




その他の特徴

・ 従来のCTでは発見が困難だった小さな病変も早期発見が可能となりました。

・ X線被爆線量が約40%減少しました。

・ このような特徴により従来のCTに比べ、診断能力が飛躍的に向上しました。




画像クリックで3D動画が見れます。

胆のう3D

胆のうの立体像が見れます


脳血管3D
頭部血管の立体像が見れます脳動脈瘤




検査目的 : 脳腫瘍、脳出血、肺・肝臓・胆のう・膵臓・腎臓・子宮・膀胱などの診断

 前処置  : 検査部位が腹部の場合は朝絶食

検査時間 : 約2〜3分 (造影検査の場合は約10分〜15分)

検査費用 : 約4,000円(造影でない頭部・肺・腹部CTの3割負担額)
  
        約7,200円(造影の時の頭部・肺・腹部CTの3割負担額)


※ 造影検査とは血管内に造影剤を注入して検査する方法で、より病変部などを鮮明に写し出す事ができます。